スタッフについて | 体外受精の現状 | Quality Art 全国体外受精実施施設ガイド

スタッフについて

  1. ホーム
  2. 体外受精の現状
  3. スタッフについて

体外受精(生殖補助医療)を行うためには特別な技術と倫理感、そして安全への意識など特別な知識や品格、命を尊ぶ考えが必要で、それは人の命の発生に関係する仕事ですから当然のことではないかと思います。特に培養士については学会の認定資格等が必要ではないでしょうか? また、他の専門職はどのような状況でしょう?治療施設ではスタッフは足りているのでしょうか? 技術不足は感じていないのでしょうか? 安定してみなさん勤めているのでしょうか? それらスタッフの様子について調べてみました。

Purchase本の購入はこちら

本誌では病院情報などさらに詳細を掲載しております。

本の購入はこちら 体外受精で生まれる子どもたちは、今や21人に1人。これまでに43万人を超える子どもが生まれています。
(2016年日本産科婦人科学会ARTデータより)

安全で安心できる体外受精を受けることは、産まれてくる子どもたちの未来につながります。
本書は、体外受精を受けるご夫婦が、安心して治療を受けていただくためのガイドブックです。

体外受精実施施設への詳細なアンケートから、不妊治療現場における診療の姿が鮮明に!
さらにデータ公開するクリニックの情報が、この生殖医療の進展とともに患者知識の向上を牽引します。