妊娠判定について

  1. ホーム
  2. 体外受精の現状
  3. 妊娠判定について

胚移植後は妊娠判定が待ち遠しいものです。
その妊娠判定方法について、そして妊娠判定後について、また、産科への連携についてや妊娠経過についてを調査しました。
妊娠判定は、市販薬で結果を知ることもできますが、最終判定は医師が行うものです。妊娠判定がでてもその妊娠が正常であるかどうかの診断があります。異常妊娠(子宮外妊娠や胞状奇胎)であれば、妊娠継続はできず処置が必要になります。また、生化学妊娠(化学流産)などもあります。妊娠判定によって陽性になった場合には、その後の診察や診療もあります。
陰性であった場合には、その後をどうするかの検討が必要ですから、その診察時期についても調査しました。

Purchase本の購入はこちら

本誌では病院情報などさらに詳細を掲載しております。

本の購入はこちら 体外受精で生まれる子どもたちは、今や21人に1人。これまでに43万人を超える子どもが生まれています。
(2016年日本産科婦人科学会ARTデータより)

安全で安心できる体外受精を受けることは、産まれてくる子どもたちの未来につながります。
本書は、体外受精を受けるご夫婦が、安心して治療を受けていただくためのガイドブックです。

体外受精実施施設への詳細なアンケートから、不妊治療現場における診療の姿が鮮明に!
さらにデータ公開するクリニックの情報が、この生殖医療の進展とともに患者知識の向上を牽引します。