採卵について

  1. ホーム
  2. 体外受精の現状
  3. 採卵について

誘発方法や年齢、個々の状態により採卵できる卵子の数に違いはありますが、移植胚を確保するために採卵は重要なポイントとなります。卵子が複数確保できれば同一周期だけでなく、凍結保存を行うことで複数回の胚移植も可能になります。
この採卵手術のタイミングの決定について、また手術に伴う麻酔の状況、採卵手術や採卵手術後の様子、トラブル発生の状況、そして卵子の確認に関することなどを調査しました。

Purchase本の購入はこちら

本誌では病院情報などさらに詳細を掲載しております。

本の購入はこちら 体外受精で生まれる子どもたちは、今や21人に1人。これまでに43万人を超える子どもが生まれています。
(2016年日本産科婦人科学会ARTデータより)

安全で安心できる体外受精を受けることは、産まれてくる子どもたちの未来につながります。
本書は、体外受精を受けるご夫婦が、安心して治療を受けていただくためのガイドブックです。

体外受精実施施設への詳細なアンケートから、不妊治療現場における診療の姿が鮮明に!
さらにデータ公開するクリニックの情報が、この生殖医療の進展とともに患者知識の向上を牽引します。